借金

借金癖をなんとかしたい…

借金をする人は何度も繰り返している場合が多いです。普通の人が金融会社などから借金をするという感覚はあまりありません。しかしごく普通のことだと思っているから、何度も繰り返すのだと思います。最近ではATMで自分の預貯金を引き出すかのような感覚で、コンビニなどで便利にキャッシングができます。そしてそのお金には必ず利子が付いてきます。軽い気持ちでお金を借りているのです。返済のことなどあまり考えず、根拠もなしになんとかなると思っているのです。

 

でも実際はなんとかならずに、返済地獄に陥って首が回らなくなります。自分で気づきがあれば良いのですが、何が問題が見いだせない場合が多いです。借金癖をなんとかしたいと思ったら、依存などに詳しい専門家のカウンセリングを受けたり、第三者のサポートを受けるのもひとつの方法としてあるでしょう。

 

自分に甘いから何度も繰り返すのです。借金と縁を切るためには誰かの手を借りるのは悪いことではありません。代わりに借金を返してもらうということではなく、繰り返さないためにどうすれば良いのかを一緒に考えてもらうのです。

借金が返せなくなったらどーすればいい?

借金が返せなくなった場合は、放置しておけばどうにかなるのかと考えている人もいるかもしれませんがどうにもなりません。お金を借りるということは必ず返さないといけないのです。それでも返済できなくなった場合には債務整理を行うことになります。これは法的に認められている債務者の権利です。

 

借金を返せなくなったらこの権利を使いましょう。この債務整理も種類があり、任意整理、特定調停、民事再生、自己破産があります。弁護士に依頼をして手続きを進めていきましょう。自分がどの方法を選ぶかは借金の金額によって変わってくると思います。借金が返せなくなったら自己破産するしか方法がないと思っている人も多いようですが、少額の場合は任意整理を行う場合がほとんどです。民事再生や自己破産は借金の金額が大きい場合です。借金が返せなくなって自分ひとりで悩んでいる人はとても多いです。

 

悩んでいてもお金が降ってくるわけではありませんし、日々金額は増えていきます。思い切って専門に行っている弁護士や司法書士を探してまずは相談してみるのが良いでしょう。自己破産は免責になりますが、デメリットが大きいと思います。

闇金融について 

闇金融は多重債務者や自己破産した人をターゲットにお金を貸している業者です。ブラックリストに載っている人を電話やDMで勧誘して高い金利で貸します。返済が遅れると暴力的な取り立てを行って、迷惑行為をして、本人はもちろん家族や近隣住民にも被害を及ぼすようなことをします。債務者を精神的に追い詰めていきます。消費者金融は都道府県の認可のもとで営業しています。

 

しかし闇金融は登録を行わないで営業しています。ただでさえ精神的に追い詰められている多重債務者を甘い言葉で誘惑します。違法な高い金利でお金を貸す行為をします。闇金融に関わると人生をめちゃくちゃにされます。とにかく追い詰められても利用してはいけません。知らずに利用してしまったら、借りることも返すこともやめて弁護士などに相談しましょう。多重債務で苦しみ悩んでいるのなら、債務整理を行いましょう。間違っても借金に借金を重ねてはいけません。解決にならないだけではなく、地獄に陥るだけだからです。違法行為でお金を貸しても、どんな手段を使っても返済をさせます。

 

とにかく恐ろしいので、利用してはいけません。

 

借金の取り立てって本当にある?

借金を返さないと怖い人たちが家や会社まで取り立てに来る怖いイメージが、今も消費者金融などにあると思います。ドラマや映画でよく見る光景です。現実は借金の取り立て自体はありますが、暴力的な行為で押し掛けてきたりはしません。法律で決められているので、もしも怖い取り立て方法を行った場合には罰則が与えられることになります。ただ闇金と呼ばれる世界では、やはり違法な取り立ては行われていると思います。

 

消費者金融などもイメージがとても大切です。テレビCMでも芸能人を使っているのはそのためです。そうしないと誰も利用しないからです。もしも違法な取り立てを行うと、企業のイメージが悪くなるだけで何もメリットがありません。会社に押し掛けたり、近所で大声をあげたり、張り紙をしたり、そういった行為は違法です。ただお金を借りた人は必ず返済しないといけません。

 

これはあたり前の義務です。違法な取り立てはなくとも、そのような行為を心配するよりも返済日にきちんと返せるように計画的に利用することを考えましょう。きちんとルールを守って利用していれば何も恐れることはありません。

自己破産について

自己破産は、借金が返済できなかった人の行く末というイメージがあると思います。

 

借り入れしている金額によっては自己破産しか道がない場合があります。最終手段ということです。自己破産したいと思っても裁判所で認められなければできません。免責を許可してもらう必要があります。免責にはなりますが、家や土地など価値のある財産を手放さなければなりません。

 

自己破産をすると5年〜10年ほどは借り入れすることはできません。よく耳にするブラックリストと呼ばれるものになります。近所の人や会社の人に知られるのではと恐れる人がいますが、官報という国が発行する機関誌に掲載されることになります。ただ官報はあまり一般の人が見る物ではないので、さほど心配しなくても良いでしょう。自己破産は借金を返さなくて良くなるので、そこだけを見るとメリットしかないように思えるかもしれません。しかし、借りたお金を自分で返さなかったことで、生活を見直すなどをする機会がなく同じことを繰り返す人が多いのが現実です。

 

安易に自己破産と考えずに、任意整理など他の債務整理の方法をまずは考えてみる方が良いかもしれません。

連帯保証人になることの恐さ

昔から言われていることのひとつに、連帯保証人にだけはなるなという言葉があると思います。債務者と同じ責任を負わされます。ただの保証人とは違い身に覚えがなくても支払わないといけないのです。安易に頼まれて連帯保証人になってはいけません。もちろん単なる保証人であっても、できるだけ避ける方が良いと思います。

 

キャッシングでは保証人を立てないで申し込むことができるので問題ないと思います。安易に頼まれたからと言って、連帯保証人になると後悔しても遅いです。たとえ親族であっても断るようにしましょう。自分が直接借金をしてなくても、していると同じことだと認識しておきましょう。自己破産に追い込まれることになりかねません。感情に流されたりしてもいけません。
自分でお金を借りる時にも同じことが言えます。
たとえ保証人を立てなくてもよい消費者金融 キャッシングであっても、気軽に借りてはいけないのです。本当に利用しないといけない事態なのか、それ以外に解決する方法は何もないのかを考えましょう。

 

それでも借りる場合には、借りる前に返済計画を念密に立てて、余裕を持って返しながら生活できるようにしないといけないでしょう。