借金 過払い金

借金の過払い金について 

借金の過払い金は、貸金業者に支払った払う必要がないお金のことです。5年以上借り入れしていて、18%を超える金利の人は過払い金があるかもしれません。

 

借金の過払い金は返還請求をすると戻ってきます。これはもちろん完済済みの借金でも10年経過していない場合には請求することができます。契約書がない場合でも借り入れした会社がわかれば請求可能です。借金の過払い金の請求については、個人でもできますが手続きが面倒ですからスムーズに進めていくためにも弁護士など専門家に相談して行うのが良いと思います。

 

 

借金が返せなくなった人が債務整理を行っていると、払い過ぎている事実がわかることが多いです。借金の過払い金を請求するにあたりデメリットもあります。それは過払い請求した消費者金融からは今後借り入れができなくなることです。考えられるデメリットはこれだけですから、メリットを考えると行った方が良いでしょう。今どこからか借り入れしている場合には、請求して戻ってきたお金で返済することもできると思います。

 

まずは弁護士などに相談して、自分は払いすぎていないかを調べてもらうと良いでしょう。