多重債務

多重債務について 

多重債務は複数の貸金業者から借金をしている状態です。多くの人が返済が困難な状態に陥っています。多重債務者と呼ばれる人は5社以上から借金しているような人たちです。借りたお金が返せなくなって、債務整理をして任意整理や自己破産の手続きを申請している人もいます。しかし、多くの人がそのままどうして良いのかわからずに悩み続けている状態です。

 

 

債務整理は自己破産以外にも方法があります。ひとりで悩んでもどうしてよいかわからずに堂々巡りに陥るだけです。もう返せないと思ったら、弁護士などに相談してみると良いでしょう。借りたお金は絶対に返さないといけないので、黙っていても返済義務はなくなりません。自分で債務整理をしても良いのですが、手続きは複雑で面倒ですから専門家に任せるのが一番良いでしょう。

 

多重債務は今ある借金の返済に充てるために、別のところから借り入れをしてしまい、それを繰り返すことです。利息もあっという間に膨れ上がって収拾がつかなくなります。

 

 

どこからどれだけ借りて、返済日がいつでいくら返すのかなど管理もできない状態になっている場合が多いです。